【夏の怪談話に】怖い話の絵本4選 ~背筋がゾクッとする絵本~

小学校中学年

涼しさを感じたくなる、暑い夏。

「家で手軽に涼しさを感じる良い方法はないかな?」なんてお困りの方、おられませんか?

では、背筋がゾクッとするような絵本はいかがでしょうか?

この記事では、怖い話の絵本を紹介します。

小学生はもちろん、大人が読んでもゾクッとするような、怖い絵本ばかりですよ。

怖い話が苦手なお子さんは、トラウマにならないよう、大人の方が事前に内容を把握して、お子さんに合わせてよんであげてください。

こんなときにおすすめ

・怖い話の絵本が読みたい

・子どもが身近に感じる怖い話の絵本が読みたい

・薄暗い帰り道が思い浮かぶような、ゾクッとする絵本が読みたい

・驚きと恐怖の展開が待ち受ける怖い絵本が読みたい

スポンサーリンク

絵本紹介

キミが嫌なものなら何でも…『たべてあげる』

『たべてあげる』
<ふくべあきひろ 文/おおのこうへい 絵/教育画劇 刊>
【写真引用:教育画劇
あらすじ

ピーマンなんておいしくないし、大嫌い!
誰か代わりに食べてくれないかな~と、りょうたくんが考えていると・・・

「たべてあげる」

ふと見ると、コップの後ろから小さなりょうたくんがのぞいています。
そして、小さなりょうたくんは、りょうたくんのピーマンを代わりに食べてくれました

りょうたくんはママにほめられて大喜び。
小さなりょうたくんも大喜び。

その日から、りょうたくんが嫌なものは何でも、小さなりょうたくんが食べてくれるようになったのですが…

一見「どこが怖い話なの?」と思ってしまうようなお話ですね。

でも、実はこの後、驚きの展開が待っているのです。

食育にもおすすめのこの絵本は、全編ひらがな表記なので、低学年のお子さんも楽しめます。

カッピー
カッピー

ただ、あまりの怖さに震えてしまうかも⁉

お子さんの怖い話への耐性に合わせてあげてくださいね。

好き嫌いが多いお子さんには、ぜひ読んでほしい一冊です。

きっと読み終えたら「嫌いなものも頑張って食べる!」と言ってくれますよ。

インパクトのあるイラストと、ホラー感のあるお話が、絶妙にマッチしています。

怖さの中にユニークさもあって、繰り返し読みたくなる、クセになっちゃう絵本です。

そこにいるのはだれ? 『ついてくる』

『ついてくる』
<小川育 作・絵/教育画劇 刊>
【写真引用:教育画劇
あらすじ

遊ぶのに夢中になっていたら、帰るのがすっかり遅くなってしまった。
日が沈んで、あたりは暗い。
早く帰らなくちゃ。

ひた、ひた、ひた…

誰かがあとをついてくる。

振り返ると、そこには…

「遊ぶのに夢中で、ついい帰るのが遅くなっちゃった

こんな経験、子どもも大人もあるのではないでしょうか?

日が暮れて、薄暗い道を一人で歩くと、かすかな物音も気になったりして…

なんだか怖い気持ちになりますよね。

カッピー
カッピー

普段通い慣れた道のはずなのに・・・

なんだか別の道に感じるような怖さがありますよね。

この絵本は、そんな心細さや怖さ、後ろを振り返るときのドキドキ感が味わえます。

文字は少なく、漢字も出てきません

でも、その文字の少なさがまた怖さや不気味さを引き出しているのです。

この絵本を読むと、もう暗い所で後ろを振り向けなくなるかも⁉

ぜひお子さんと一緒に、ハラハラドキドキなホラー感を味わってくださいね。

よく見てみると? 『こっそりどこかに』

『こっそりどこかに』
<軽部武弘 作/ロクリン社・長崎出版 刊>
あらすじ

日暮れの町を走る、黄色いカッパを着た男の子。
あるものを拾いに行かなくちゃ、と急いでいます。

男の子は、日が暮れた薄暗い公園や橋、池など、いろんな場所を通っていきます。

おや?

それぞれの場所をよく見てみると?

子どものころ、薄暗い帰り道になると、いつも通る場所でも見え方が違いませんでしたか?

電柱の影が人の影に見えたり、水たまりが怖い妖怪に見えたり。

誰もいないはずなのに、なんとなく気配を感じたり

そんな怖い気持ちを表したような絵本です。

カッピー
カッピー

絵本に描かれたそれぞれの場所のイラストをよく見ると、そこには

ひと昔前の街並みを描いたような懐かしさの中に、ゾクッとする怖さを感じる一冊です。

小学校低学年のお子さんには、もしかしたら少し怖いかもしれません。

でも、何度も繰り返し読めば読むほど味が出る絵本です。

驚きの結末にも注目ですよ。

こちらの絵本は、長崎出版から2006年に出版されましたが、2022年にロクリン社から復刊されました。

2022年にはNHKのEテレ「怖い絵本」でも取り上げられ、話題となった一冊です。

YouTubeでは紹介動画も公開されていますので、ぜひ絵本の世界をのぞいてみてくださいね。

わが家にお立ち寄りになりませんか? 『スパイダー屋敷の晩餐会』

『スパイダー屋敷の晩餐会』
<トニー・ディテルリッジ 作/メアリー・ハウイット 原詩/別所哲也 訳/文溪堂 刊>

あらすじ

「わが家の居間にお立ち寄りになりませんかな?」
「めずらしい品々をたくさんお目にかけましょう。」
蜘蛛の姿のスパイダーが、愛らしいお嬢さんのフライに声をかけます。

しかし、フライはきっぱり断ります

実は「スパイダーの屋敷に関わると帰ってこられない」といった噂があったのです。

スパイダーは、あの手この手でフライに誘いをかけます

それでも、フライは何を言っても断り続けるのです。

そんなフライの姿を見たスパイダーは…

スパイダーの誘いが何とも不気味です。

でも、「ちょっとだけなら…」と思わず言ってしまいそうな、甘い言葉を次々にかけてくるのです。

それでもフライはきっぱりと断り、帰ってしまいます。

さぁ、あなたがスパイダーならどうしますか?

あきらめますか?それとも…?

カッピー
カッピー

この後のスパイダーの行動に、ゾクッとすること間違いなしです。

驚きと恐怖を感じる展開が待ち受けています。

そして、まさかの結末…⁉

あとがきには、スパイダーから読者に向けてのメッセージがあり、絵本の世界を存分に楽しむことができますよ。

子どもたちへの教訓ともなるような一冊です。

スポンサーリンク

まとめ

怖い話の絵本を紹介しました。

ここで紹介した絵本は、「僕も、私も、そういうことある!」と、子どもたちが感じられるポイントがあるものばかりです。

だからこそ、より怖く感じて、絵本を楽しむことができます

大人が読んでもゾクッとするのも、子どものころに同じような経験があるからかも⁉

怖い話が苦手なお子さんや、年齢が幼いお子さんは、怖すぎてトラウマになってしまわないよう、十分気をつけてあげてくださいね。

反対に、怖い話が大好きなお子さんにはぜひ読んでほしい絵本ばかりですよ。

夏の暑い日に、親子でゾクッと涼しさを感じてみては?

〇●今回紹介した本●〇

◆『たべてあげる』
 <ふくべあきひろ 文/おおのこうへい 絵/教育画劇 刊>

◆『ついてくる』
 <小川育 作・絵/教育画劇 刊>

◆『こっそりどこかに』
 <軽部武弘 作/ロクリン社・長崎出版 刊>

◆『スパイダー屋敷の晩餐会』
 <トニー・ディテルリッジ 作/メアリー・ハウイット 原詩/別所哲也 訳/文溪堂 刊>

怖い話のあとに、笑える絵本はいかがですか?

親子で絵本を読んで、たくさん笑っちゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました